ファイトクラブ

Uncategorized

作品情報

原題Fight club
上映時間139分
監督デヴィッド・フィンチャー
主なキャストブラット・ピット、エドワード・ノートン
公開1999年

あらすじ

エドワードノートン演じる主人公『僕』は、いっけん何不自由ない生活を送っているようだが満たされない心から不眠症を抱えていた。そんな彼はある日、タイラーダーデンと名乗る男に出会い生活が一転。ファイトクラブと言う素手での殴り合いをする集いを通じて人間の野性的な部分を引き出すことに成功。瞬く間に世界に広がったファイトクラブは次第に過激派としてエスカレートしていき、プロジェクト・メイヘムという大規模な計画を実行することになる。

ネタバレ解説・感想

タイラーダーデンを知っているか?

タイラーダーデンを知っているか?何度も人に聞かれた”と本作の冒頭でナレーション(僕)が質問された体験を話す。しかし作中で『僕』に聞いているのは『乳房をもった大男のボブ』だけである。ではなぜ『僕』は”何度も人に聞かれた”などといったのか?それは『僕』とタイラーが同一人物であるからだ。つまりタイラーを自分と気づかない僕は何度も何度も自問自答していたことになる。

同一人物

『僕』は本作においてナレーションをしている。自動車のリコール会社に勤めている主人公。収入は良く充実した生活を送っているように見えるが、どこか満たされない。不眠症を抱え、高級家具の購入(消費)や難病のグループセラピーで心を癒すことで自分を保っている状態。ぱっとせず、自己肯定感の低いどこにでもいるような人間。タイラーに”えらく自嘲的”と言われるほどだ。自分では生活に満足していると思い込んでいるが、潜在意識下では自己嫌悪に陥っている。マーラのことが本心では気に入っていいたが、自信がなく仲良くなろうともしない。それがタイラーの登場につながっていく。

タイラー・ダーデン

『タイラーダーデン』は『僕』が作り出した憧れの存在。女にモテて自由奔放。夜型で石鹸の製造、販売また、映写技師の仕事をしている。個人的に二人で家に帰るシーンで『僕』が歩道、『タイラー』が水たまりの上を歩くシーンが二人の違いを分かりやすく表している。

マーラ・シンガー

『マーラシンガー』は主人公の『僕』を映し出す鏡的な存在。主人公の卑屈さとどこまでも落ちようとする面、またタイラーの自由奔放さの面といったある意味三人とも同一人物的な要素がある。グループセラピーに現れ、観光客気分で参加。自由奔放で死ぬことに対しての恐怖は皆無。主人公は彼女を嫌っており、”腫瘍のような女”と思われている。

サブリミナル効果

この映画にはさまざまな伏線と仕掛けが施されておりその一つにサブリミナル効果があげられる。本作のテーマは”物質至上主義の批判”であり、巧妙な宣伝により満たされない現代人の心からくる終わりのない空虚な消費活動に警鐘を鳴らしている。『タイラーダーデン』が言った、”今あるのは魂の戦争。毎日の生活がだいっ恐慌”はまさに言葉どおりで、世界大戦もなければ大恐慌もない、歴史のはざまで生まれた現代人に特に当てはまる。そして今その状況を作り出しているのは社会の刷り込み。すなわちサブリミナル効果である。

作中には何度も画面に一瞬だけタイラーが映るシーンがあったり(会社のコピー機の後ろ)空港のトラベレーターでタイラーとすれ違ったり、また様々なシーンにスターバックスのコップが置かれているなどあらゆる場面で刷り込み操作が行われていた。

個人的に好きなシーン

このカットははタイラーが主人公『僕』とファイトクラブの会員2人を乗せてドライブするシーン。頭で考えてばかりで行動できない主人公をみたタイラーはハンドルから手を放し、猛スピードでコントロールするのをやめ流れに身を任せる。”おい、お前ら死ぬ前になにがしたい?” ”自画像を描きたい” ”家を建てる” 死を覚悟して自分のやりたいことをスパッっというシーンが個人的に刺さった。生ぬるいこと考えてないでさっさと行動しろ!と自分に言われている気になってしまう気合の入ったカット。

そしてコンビニ店員の『レイモンド』にタイラーが突然銃を向け脅すシーンがある。彼は市民大学で獣医になるために生物学を学んでいたが、あきらめてコンビニ店員をしていた。そんなレイモンドにタイラーは”住所は分かった、もし6週間以内に獣医の勉強を始めてなきゃ死んでもらう”と言って帰した。上のシーンと似ているが、これも観衆に向けて言っているようなシーン。そしてタイラーはこう続ける”明日はレイモンドにとって最高の朝になるだろう。朝飯だって俺たちが食ったどんなごちそうよりも旨いはずだ”これを聞いて私も『僕』と同じことを思った”彼の言うとおりだ”と

主な伏線

・序盤の”タイラーが知っていることだから僕も知っている”

・病院で治療を受けているときのタイラーがいる場所が明らかに変

・マーラを助けに行ったシーンでタイラーを見て”あんたのこと呼んだ?”と言ったが”だれ?”とは言っていいない。

・臓器が一人称でしゃべる本を読んでいた時”僕はジャックの脳の延髄です”とあるが、これ『僕』がタイラーに支配されているということを表している。など

コメント

タイトルとURLをコピーしました